クレジットカード現金化は違法?と疑問を持っている人に安全な使い方を解説します

クレジットカード現金化という言葉は聞いたことがあっても、それが合法的なサービスなのかどうか判断がつかず利用に踏み切れない人は珍しくありません。

しかし結論からいってクレジットカード現金化に違法性はなく、安全に利用することが可能な金策方法となっています。

ただし気をつけておいた方がいいポイントは存在するので、「クレジットカード現金化は違法?」と疑問に思っている人はその点を押さえながら正しい知識を身につけていくようにしましょう。

クレジットカード現金化は借金と実質的に同じだから違法?

よく指摘されるクレジットカード現金化の問題点として「実質的には借金と変わらない」というものがあります。

そして、実際は借金なのにそれを隠して貸付を行っている業者は違法だという発想になるわけです。

しかしクレジットカード現金化はあくまで「カード決済で購入した商品を売ってお金に替えている」だけで、そこに違法性を問われるような手続きは含まれていません。

またクレジットカード現金化業者のほとんどは現金化の仕組みを隠してもいないため、単純に利用者側の知識不足が問題を左右することになります。

クレジットカード現金化の利用時には業者側からの説明をよく聞いて、その仕組みをきちんと理解した上で利用することが何よりも大切になるでしょう。

違法性のないクレジットカード現金化業者の選ぶためのコツ

たとえクレジットカード現金化業者の大半が合法的にビジネスを行っていても、一部に悪質な業者は存在しています。

そのため現金化業者を選ぶ際には悪質な業者を見極めて避けることを強く意識しておくようにしましょう。

悪質な業者の特徴として、運営の実績がほとんどなくホームページにも最低限の情報しか記載していないというものがあります。

悪質業者は短期間だけ詐欺行為をして問題が大きくなる頃にはホームページごと消えてしまうため、年単位での運営実績を持っていることはまずありません。

このことから安全な業者を選ぶには、逆に数年以上の運営実績を持っているところを選んでおけばまず安心ということになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です